脂肪吸引施術を受けてモデル体型になろう!基礎知識を要チェック

気になる費用

医者

信頼できる病院を見つけよう

お腹や太ももにたっぷりついてしまった脂肪。簡単に落とすことができたらいいですよね。運動やダイエットを行ってもなかなか効果が現れづらい場所でもあります。即効性があり、簡単に細くなれる方法として脂肪吸引があります。自分が細くしたい部分をピンポイントで細くすることができるのが魅力となっています。人気の部位は年齢によっても違いますが、トップ3は、二の腕、太もも、お腹となっています。どれも脂肪がつきやすく、部分痩せが難しい部位です。では、脂肪吸引にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。メリットとしては、痩せたい部分の脂肪をピンポイントですぐに落とせるという点です。デメリットとしては、自由診療となるため費用が高額になってしまうことと、体にメスを入れるため、感染症のリスクや大量の出血のリスクなどがあります。また、脂肪吸引は医師のテクニックにも大きく左右されるという点もあります。では、実際に脂肪吸引をする場合、どのような流れで行うのでしょうか。まず、美容整形外科を受診します。ここでしっかりとしたカウンセリングを行います。麻酔の方法や、どの部分をどれだけ吸引するのか、医師から詳しい説明があり、細かなことまで決めていきます。それから、メスを入れての手術になるので、安全に脂肪吸引をするために血液検査を行います。この結果次第では施術できないという場合もあります。施術当日は、まず麻酔から行います。麻酔は吸引する部位によっても異なってきます。全身麻酔や静脈麻酔、局所麻酔などさまざまな方法があります。これは事前に医師と相談して決めることになります。それから脂肪吸引を行っていきます。多くの美容整形外科で行われているのは、高周波や超音波の熱で気になる皮下脂肪を柔らかくし、皮下脂肪が十分に柔らかくなったところで、2〜5ミリ程度の細い管を使って脂肪を吸引していきます。施術後は、吸引した部分の腫れを抑える飲み薬をもらいます。脂肪吸引は大体このような流れで行われます。では、具体的に脂肪吸引の方法と費用の相場を見ていきましょう。比較しやすくするため、二の腕を例に挙げます。脂肪除去率が50%とわりと低めで、挿入した管を動かしながら吸引していくタイプですと、一番安い方法では12〜13万円となっています。こちらは安価に抑えたい方と脂肪が少ない方に向いている施術です。次に、ベイザー波を使った方法です。こちらは脂肪除去率が90%で引き締め効果も期待できます。こちらも挿入した管を動かしながら行います。費用の相場は20万円前後となっています。もう一つは、超音波を使い、熱を使わない施術の方法です。こちらは脂肪除去率が90%で、一度に多くの脂肪がとれるというメリットがあります。もちろん引き締め効果も期待できます。費用は大体25〜26万円となっています。また、最近では高周期振動を用いた施術の方法があります。この方法ですと費用の相場は38〜40万円となっています。これまで脂肪吸引の概要や費用の相場について見てきました。自分が信頼できるクリニックを見つけ、十分に相談した上で決めたいですね。

体質や体型で異なる効果

背中

体型や体質によって脂肪吸引で得られる効果は異なるので、どのような効果が得られるのか調べてから施術を受けましょう。皮膚のたるみや骨格など別の要因で太っている場合は、別の施術も併せて受けると理想的な体型を手に入れることができます。

切らずに簡単脂肪除去

カウンセリング

メスを使用しない脂肪吸引は、部分痩せなどに大変おすすめの施術です。痛みやダウンタイムが少なくなっていますが、広範囲のよりも狭い範囲の施術に向いているでしょう。是非そんなメスを使用しな脂肪吸引で、理想の体型を手に入れましょう。

クリニックの選び方とは

注射

脂肪吸引の施術を受ける場合、大切なのが美容整形クリニック選びです。名医が在籍しているか、適切な料金設定がなされているか、アフターケアが充実しているかが決め手になります。事前カウンセリングや、公式サイト等を通じて予め確認しましょう。